沿革

エンタップの歴史をご紹介します。

エンタップの歴史

2012/7

エンタップ設立

西荻窪のコワーキングでエンタップは始まりました。代表・Webエンジニア・美大生の3人でECサイト、ゲームアプリを常駐・受託開発していました。

2013/10

みんなのシールリリース

有限会社コスモメディアサービス様 "みんなのシール" をリリースしました。当社として初のスマホアプリのリリースとなりました。

2013/12

西荻南オフィスの開設

西荻南のビルに事務所を開設。5人までメンバーが増えました。

2015/4

新宿オフィスの開設

曙橋のビルに事務所を開設。10人までメンバーが増えました。

2016/4

Xamarinチームの結成

Xamarinによるスマートフォンアプリ開発サービスを開始。

2017/4

MRコンテンツのリリース

他社に先駆け、体験型のMRコンテンツを発表

2018/2

新宿オフィスの増床

事務所を移転し、15人までメンバーが増えました。

2018/7

第三者割当増資

事業家より第三者割当増資を受け、財務基盤を強化。

2019/2

IoTプロジェクトのリリース

大規模に導入されるIoTプロジェクトをリリースしました。

2019/5

新宿オフィスの増床

事務所を移転し、23人までメンバーが増えました。

2020/2

フルリモート体制へ

コロナ禍により、フルリモート体制へ。曙橋のビルを解約し、シェアオフィスに。