Appleとの開発契約をステップバイステップで解説します

おおまかな流れ

  1. Apple IDの登録
  2. D-U-N-S Numberの取得
  3. Developer Programの登録
  4. Appleから登録完了の通知を受け取る。
  5. ADEPの支払いを行い、登録を完了する。

登録に必要なもの

  • 担当者(Apple との契約責任者)を決める。
  • iPhone/iPad/Macなどの二要素認証を受け取れる端末。
  • 登記簿謄本
  • ドメイン付きのアドレス
  • 決済用のクレジットカード

Apple IDの登録

Appleの公式サイトから、必要項目を入力して、Apple IDを作成してください。既にご登録の場合には不要ですが、以後、このアカウントが重要な契約IDになります。法人で利用される場合、法人のドメイン付きアドレスで取得してください。

Apple IDを作成

D-U-N-S Number の取得

DunsNumber とは9 桁の企業識別コードのことで、世界の企業を一意に識別できる企業コードとなります。

  1. 東京商工リサーチよりお申込みを行なってください。 お急ぎの方はプレミアムサービスをお使いください。最短当日の発行が可能です。 スタンダードサービスは3営業日までの発行となります。
  2. 今回はスタンダードサービスでの作成とします。 チェックのついた必須項目のみを入力すれば問題なく作成が完了いたします。
  3. 申請を行うと登録したメールアドレスに下記のようなメールが届きますので、メールに従いお金の 振り込みと登記簿謄本の FAX 送信、または PDF をメール送信を行います。
  4. 申し込みが完了をすると登録したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。 ピンクの資格で囲まれた部分は Apple Developer 登録の際の必須情報になります。

Apple Developer Programの登録

  1. 最初に下記のリンクを開き、「登録を開始する」ボタンをクリックしてください。
  2. Appleアカウントでのログインを求められるので、Apple Developer Programで使用するAppleアカウントでログインしてください。
  3. 次に下の画面が表示されたら、Entity Typeの下の「Select」と書いてある選択フォームをクリックしてください。
  4. Company / Organization と、Government / Organization の選択肢がでてきます。Entity Typeとは企業形態で、一般的な企業の場合にはCompanyを選択してください。選択したら「Continue」と書いてある青いボタンを押してください。
    ※ちなみに黄色の枠の中ではおおまかに下記のような確認をされています。 あなたの会社はその国で法人と認識されているか、D-U-N-S Number を取得済みか、今登録を行っているあなたはその会社で法的権限を持っているか。 また登録を行う方は創業者や取締役員のようにその会社におけるなんらかの法的権限を有してい なければなりません。 この法的権限の部分には注釈があるのですが「上級社員もしくはそれらからその権限を受けた 者」でも可能と書いてあります。
  5. クリックすると下記のような縦長の画面が表示されます。
  6. ページの上に Authority to Sign Legal Agreements というラジオチェックで選ぶ項目があり ます。ここでは 法的合意に署名する権限を聞かれています。チェックの上が 創業者もしくは所有者の方のチェック欄で、下が 今回の登録で権限を与えられ ている方がチェックを入れる欄です。 会社の創業者/所有者であれば上にチェックを、それ以外で権限を与えられている方であれば下に チェックを入れてください。
  7. その下に Organization Information という 組織情報 を入力する欄があります。 ここで各項目ごとに会社の情報を入力してください。