Webアプリで作るべきか、ネイティブアプリで作るべきか?

Webアプリとネイティブアプリで何ができて何ができないのか。

ネイティブアプリとWebアプリの違いについて説明します。

ネイティブモバイルアプリ

ネイティブアプリは、スマートフォン専用に開発され、デバイスにインストールされます。 Apple App Storeや、Google Playストアなどのストアで公開し、ダウンロードします。

ネイティブアプリは、iOSやAndroidなどのOS用に構築されています。iOSで作ったアプリは、Androidでは動きません。そのため、OSごとに個別にアプリを作る必要があります。つまり、予算と時間がかかります。

ネイティブアプリを作る、アプローチの長所と短所を知る必要があります。

長所

オフラインで使用でき、いつでも簡単に使えます。 情報をローカルに保存することができ、必要なタイミングでのみサーバーと通信する仕組みを作ることができるので、パフォーマンスが高いです。 デバイス固有のジェスチャーを使うことができ、高度で使い慣れた操作感を実現できます。 ネイティブアプリは、アプリストアの承認を得て配信されているため、ユーザーによってはアプリの安全性が担保されています。 カメラや加速度計、その他様々なデバイスのハードウェアに直接アクセスすることができます。

短所

複数のOSで動作させるためには、開発コスト、メンテナンスコスト共に高くなります。 また、アプリストアでの承認を得ることが、とても大変です。 アプリを使ってもらうためには、ユーザーがインストールする必要があります。

Webアプリ

Webアプリは基本的にインターネット対応のアプリケーションであり、Webブラウザーから使います。スマートフォンへのインストールは不要です。 アプリは、HTMLとCSSのWebページとして作られ、インタラクティブな部分はJavaScriptで作られます。デバイスに依存せず、Webが見れるデバイスで単一のアプリを使うことができます。

Webアプリの長所と短所を見てみましょう。

長所

ユーザーは、さまざまなデバイス(iPhone、Android、Windowsなど)のウェブブラウザーを介して即座にアクセスできます。 保守や更新作業が簡単です。サーバーに公開するだけで、すぐに反映されます。 Googleなどの検索エンジンに表示することができ、ユーザーが見つけてもらいやすいです。 一般的なWebサイトと同じように、開発できます。 ネイティブアプリの開発よりも費用対効果が高いです。

短所

モバイルWebアプリは、モバイルデバイスのハードウェア機能の利用が限定されています。 Webブラウザーには非常に多くのバリエーションがあるため、複雑な動作をするアプリの検証は困難です。 アプリストアから見つけることができません。 ユーザーによっては、アプリストアのような品質管理システムがないため、安全性とセキュリティを常に保証されているとは限りません。 オフラインではWebアプリを使用できません。

どちらが良いかですが、それは目的によります。

広く浅くユーザーを確保するには、モバイルWebアプリが向いています。

インタラクティブであり、高性能なアプリを提供することが目標である場合は、ネイティブモバイルアプリが最適です。

モバイルWebアプリからネイティブアプリに順次移行する事は、理にかなっていることではありますが、視野が狭まることにもなります。